ハノイの市街地から20分ほど離れた「タイン・ド大学」の敷地内に教室、事務所、寮、学生食堂など全ての設備が揃っています。
体力づくりの為、広い敷地を利用してランニングやサッカー、ラジオ体操もカリキュラムに取り入れ、近隣の大学や工場などで技能実習も行っています。
木々がとても多いので、天気の良い日は屋外で日本語学習をする日もあります。
2019年3月現在、863名の優秀な実習生を日本に送り出しています。